【使い捨てカメラアプリ】Dispo(ディスポ)が話題!朝9時まで写真が見れない【写真SNS】

iOS

Dispo(ディスポ)の招待が欲しい!どんなアプリなの?」

Clubhouse(クラブハウス)に続いて写真のSNSアプリであるDispo(ディスポ)が話題です。

この記事ではDispo(ディスポ)について以下のことをまとめています。

  • Dispo(ディスポ)ってどんなアプリ?
  • Dispo(ディスポ)の特徴
  • Dispo(ディスポ)の招待の仕方・招待方法について
dispoのデザイナーのリツイート

デザイナーの開発者の人にもリツイートしていただきました💡

10,000円分💰のクーポンがもらえる?

写真SNSアプリDispo(ディスポ)とは?

AppStoreにあるDispo(ディスポ)

写真SNSアプリのDispo(ディスポ)は2/14日に話題になりはじめ、Twitterで一気に流行しているアプリです。

Dispo(ディスポ)は「Instagramの再発明」と言われています。

写真のSNSであるDispo(ディスポ)ですが、最大の特徴は「次の朝9時まで撮った写真がみれないこと」です。

また、写真の出来上がりも少し粗めに仕上がるため、いわゆるインスタントカメラの使い勝手と同じです。

AppStoreでリリースされたDispo(ディスポ)

写真がみれるまで時差があること、どんな写真がとれるかがわからないことがポイントですね。

また、ソーシャル機能がついたものが招待制として拡散されて話題になっています。

友人たちとカメラロールの共有もできるので、撮った写真を一緒にみて楽しむということが自然にできるのです。

人気YouTuberが作った写真SNSのDispoとは一体?|石ころ|note
「Instagramの再発明」 そんな言葉と共に、2日前からシリコン・バレーで話題になっているアプリがある。 その名もDispo(ディスポ)。 Clubhouseと同様に招待制のアプリであり、僕もまだインバイトを入手できていないので不明点が多いが、調べた範囲で分かったことを紹介していきたい。 全てはDavid...

Dispo(ディスポ)βはテスト用に配布されたアプリ

Dispo(ディスポ)は正式リリース(アップデート)が行われるまでは、β版としてリリースされていました。

その時の名称が「β」ついていたものになります。

2021/02/24には正式にAppStoreからダウンロードできるようになったので、こちらのアプリはテスト版としての役割を果たしました。

※β版の内容はスクリーンショットなどの共有は禁止されています。

>> 【招待制写真SNS】Dispo(ディスポ)が試せない?TestFlightの上限の1万人に達する!?【招待できない】

Dispo(ディスポ)で撮った写真は朝9時までは見れない

Dispo(ディスポ)の利用開始画面

Dispo(ディスポ)の最大の特徴は朝9時までは写真が見れないことでしょう。

使い捨てカメラ、いわゆるインスタントカメラを利用したことがあるでしょうか?

>> 写ルンです」はディズニーランドにいく人たちが利用していたりと若者の間でブームになっていました。

それが再び、アプリとして登場し、話題になっています。

話題になっている理由ははやはり招待制によるところでしょう。

エモい要素が入っているのも、使われている理由ですね。

招待制にすることで、Clubhouse(クラブハウス)同様うまくバイラルしています。

ホテルニューオータニ、「写ルンです」がもらえる卒業旅行プラン 近場での思い出作りを後押し 宿泊券が当たるInstagramキャンペーンも
株式会社ニュー・オータニは2月3日、同社の直営ホテル「ホテルニューオータニ(東京)」において、学生向けの専用プラン「思い出"写ルンです" 夢のホテルで卒業旅行 学生応援プラン」を発売した。販売期間は3月31日まで。

Dispo(ディスポ)で撮った写真のサンプル

実際に9時まで待って現像された写真がこちら。

Dispo(ディスポ)を実際に利用した写真

写ルンです、のようにフラッシュも焚かれて、エモい雰囲気の写真が撮れます。まるで、 >> 写ルンですで撮ったかのようです。

ほどよく画質が悪いのもすばらしいですね。

どういうところがDispo(ディスポ)の魅力なのかについては、 >> 【写真SNS】Dispo(ディスポ)を使ってみた感想【評判・評価】にまとめておきました。

>> 【知らなきゃ損】知ってるだけで人生得する情報のまとめ【丸儲けレシピ】

Dispo(ディスポ)はカメラロールで友人と共有できる

Dispo(ディスポ)の紹介ストア画像

Dispo(ディスポ)の機能として、カメラロールを選択して友人とシェアできる機能があります。

旅先で友人と同じカメラロールを選択しておいて、そこに一緒に撮っていくといった使い方もできますね。

カップルで利用するのもよさそうですよね。

今日はこのカメラロールに保存していこうね、といって写真を撮っていき、翌日見返すという使い方が主流になるかと思います。

「どんな写真が撮れたのかわからない」というワクワク感が面白いですね。

>> 【裏技】Clubhouse(クラブハウス)とmenuでデリバリーが幸福度高すぎる理由

人気YoutuberのInstagramが起点

David Dobrik(デイヴィッド・ドブリック)という方がYoutuberとして活躍されていて、現在なんと1800万人のチャンネル登録者数をほこります。

彼は後に、Disposable Cameraというアカウントを作り、そこでインスタントカメラを使った写真のアカウントを開設。

daviddisposableのInstagramのアカウント

これがまた流行り、300万人以上のフォロワーがいるアカウントとなりました。

そんな彼はアプリをリリースします。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

「David’s Disposable」アプリのリリース

彼はDavid’s Disposableというアプリをリリースします。

このアプリは、インスタントカメラをそのままアプリにしたような機能を持っていて、撮った写真がレトロ風にとれることはもちろんのこと、1日経過すると写真がみれるようになるというものでした。

そして会社として資金調達も行われ、Dispoが生まれることになります。

おそらく、Clubhouse(クラブハウス)の成功をみて、招待制によるバイラルを取り入れたりすることでSNSとしての活用をできるようになりました。

これからさき、ユーザが増えてどうなるのか、楽しみですね。

>> 【本の要約】flierを使えば毎月5冊読書も可能!?本をたくさん読みたい人必見【ゴールドプラン割引】

Dispo(ディスポ)は現在は招待制で利用可能

Dispo(ディスポ)は現在、iOSのβ版として試すことができるTestFlightで配布ではなく、AppStoreからインストールできます!

Clubhouse(クラブハウス)同様に電話番号で招待し、招待されることができるようになっています。

こちらはClubhouse(クラブハウス)と異なって、AppStoreで検索しても今のバージョンのものは利用できません。

日本ではやったのは、2月14日のバレンタイン

2021年の2月13日に開発者のデザイナーの方が招待制で広め始めたところ、翌日一気に拡散されました。

特にClubhouse(クラブハウス)でのバズがあった日本ではまたたくまに広がり、日本コミュニティでかなり広がったようです。

人気すぎてDispo(ディスポ)のTestFlightの上限に達する

Dispo(ディスポ)は招待制アプリですが、TestFlightによるβ版のリリースであったため、上限に達してしまい現在新しく利用開始することができません。

TestFlightは上限が1万人と決まっています。

正式なリリースを待つ必要がありそうです。

ちなみに、日本でのコミュニティでバズったのを開発陣は認知しているようで、感謝するツイートもされています。

Dispo(ディスポ)開発陣のお礼メッセージ

>> 【招待制写真SNS】Dispo(ディスポ)が試せない?TestFlightの上限の1万人に達する!?【招待できない】

Dispo(ディスポ)の始め方・利用開始方法

Dispo(ディスポ)の始め方について書きます。

  • AppStoreから「Dispo(ディスポ)」をインストールする
  • 既に招待されて利用開始している人から招待してもらう

AppStoreでDispo(ディスポ)と検索すればでてくるので、アプリをインストールしましょう。

Dispo(ディスポ)の利用開始前の画像

Dispo(ディスポ)のカメラをゲットするムービーが流れるので、タップして進めます。

Dispo(ディスポ)の始め方

こちらに電話番号を入れてアクティベートします。

招待されていた場合はこのあとすぐに利用することができますよ!

TestFlight版での利用開始はこんな感じでした

Dispo(ディスポ)の始め方

Dispo(ディスポ)の招待方法・招待の仕方

Dispo(ディスポ)の招待の仕方や招待方法について、画像つきで説明しますね!

Clubhouse(クラブハウス)で招待をした人はほぼ同じなので、簡単です。

Dispo(ディスポ)の招待の仕方
  • 招待を受けて利用をはじめる
  • 画面下部にある自分のアイコンをタップ
  • 右上の「Settings」メニューをタップ
  • 「Invite」をタップ
  • 「連絡先」のアクセスを許可して、「Invite」をタップ
  • SMSを送信する

以上がDispo(ディスポ)への招待方法と招待の仕方になります。

Dispo(ディスポ)のナビゲーション

まずはこのマイページへのメニューをタップします。

Dispo(ディスポ)のプロフィールメニュー

次にこちらの3点リーダをタップ。

以下の「Invite」を押します。

Dispo(ディスポ)の設定
Dispo(ディスポ)の招待ボタン

最後に連絡先から電話番号がでてくるので、「Invite」を押して完了です。

>> 【完全解説】Dispo(ディスポ)の使い方・やり方を紹介!カメラロールを使おう!【写真SNS】

Dispo(ディスポ)の使い方・利用方法

Dispo(ディスポ)の使い方について解説します。

Dispo(ディスポ)でできることのまとめはこちら。

  • 朝9時まで見れない写真撮影
  • 保存するカメラロールを設定
  • カメラロールに友人を招待
  • フォロー機能

画面下部にあるメニューについて説明します。

>> 【完全解説】Dispo(ディスポ)の使い方・やり方を紹介!カメラロールを使おう!【写真SNS】

Rolls機能

Dispo(ディスポ)のカメラロール

カメラロールを確認する機能です。

自分だけのロールや、友人と一緒に作るロールなどが存在します。

このロールには、撮った写真がみることができる「Library」と撮った枚数など評価される「ScoreBoard」があります。

Library機能

今まで撮った写真を見ることができます。

自分自身用に撮影したものはこちらで確認できます。

また、朝9時まで待つ必要がある写真が何枚あるかも確認できます。

普段の「写真」アプリのような昨日ですね。

カメラ機能

Dispo(ディスポ)のカメラ画面

写真を撮るメインの機能です。

下部にあるカメラロール部分で、どのロールに保存するかを選択できます。

例えば、2つのカメラロール先に保存するのであればこんな表示になります。

Dispo(ディスポ)のカメラロール

通知機能

Dispo(ディスポ)の通知

フォローされたり、9時に写真がみれるようになるとここから確認できます。

プロフィール機能

自分の写真やフォロワー、撮った写真の数を確認できます。

また、プロフィール画面の右上から「Settings」画面にうつることもできます。

Settings にある Invite

招待する場合はこちらから招待しましょう。

操作はClubhouse(クラブハウス)同様です。

Settings にある Submit Bugs or Feedback

ここからアプリに対する意見を送信できます。

Settings にある Tutorial

利用方法についての説明をみることができます。

Settings にある Notifications

通知する内容の設定ができます。

Settings にある Permissions

カメラへのアクセスの許可を設定します。

Settings にある Edit Profile

自分のプロフィールの設定をします

Settings にある Support

Q&A、ブロックしているユーザやログの確認ができます。

Settings にある About Dispo

利用規約やプライバシーポリシーがこちらに記載してあります。

Settings にある Baby Animals

かわいいかわいい動物の子供達の写真がみれます。

イースターエッグ的なお遊び要素ですねw

正式リリース時に消えそうです。

Dispo(ディスポ)の招待枠は20人

>> Clubhouse(クラブハウス)は最初は2枠でしたが、Dispo(ディスポ)は20人まで招待可能です。

2人などと違ってかなり招待枠に余裕があるので、招待不足難民にならずに受け取ることができると思います。

Dispo(ディスポ)はAndroid(アンドロイド)に対応?

Dispo(ディスポ)は現在はiOSでのみ利用できます。

TestFlightというテスト用のアプリはAppleのAppStoreで開発するためのもので、Android(アンドロイド)では利用できません。

Dispo(ディスポ)の日本語版(ローカライズ)が3月にリリース予定!?

採用の日本語翻訳をされているTetsuro Miyatakeさんがこんなツイートを残されています!

3月にDispo(ディスポ)の日本語版がリリースされるとのこと。

TestFlightの上限の問題もありますし、App Storeへのリリースが近いのかもしれません。

驚いたことに、それは日本語版でローカライズされたDispo(ディスポ)かもしれません!

Clubhouse(クラブハウス)は英語だから、という理由で少し触りにくかったりハードルを感じていた人もいたため、有効かもしれませんね!

Dispo(ディスポ)が日本での採用!?

現在日本語と英語ができるコミュニティ・マネージャの職種を募集されています。

気になる人は、>> こちらの募集要項についてのまとめた記事から確認してみてくださいね!

Dispo(ディスポ)のようなユニークな写真アプリ

写真SNSアプリとして抜きんでた存在になったDispo(ディスポ)ですが、他にも面白い写真アプリはいくつかありますね。

CoYatteTotte

自分が撮って欲しいと思った構図で撮ってもらえるアプリです。

カフェや旅行先で使うと重宝しそうですね!

‎CoYatteTotte
‎"CoYatteTotte"で、最高のジブンを残す。 最高のジブンを、 ワタシが決めた構図で。 . 「こうやってとって」 写真を撮ってもらってもイマイチ。 だったらジブンが決めた構図で撮ってもらいたい。 . *** CoYatteTotteの使い方 *** Step1. ジブンがスキな、構図で写真を撮る...

Crumb

こちらは写真をコラージュしてくれるサービスです。

アプリではありませんが、自分の撮った写真のスクラップ画像を作成してもらえます!

Crumb - クラム | 思い出のスクラップ
Crumb(クラム)は思い出の写真を組み合わせて新しい思い出のカタチを創造するサービスです。ある旅行、ある一日の写真や思い出から1枚の画像をつくります。

次世代写真SNSDispo(ディスポ)のまとめ

Clubhouse(クラブハウス)に引き続き一気に話題にのぼりつめているDispo(ディスポ)。

日本のみなさんは、>> インスタントカメラの写ルンですを一度は使いましたよね。

9時まで写真がみれないという面白い機能とSNSの機能を組み合わせて新しい体験を生み出してくれそうです。

ぜひみなさんも利用してみてください!

>> Dispo(ディスポ)の完全なる解説記事!使い方や楽しみ方を網羅しました。

10,000円分💰のクーポンがもらえる?
Clubhouse(クラブハウス)のまとめ
https://www.saku-info.net/entry/all-clubhouse

>> 【本の要約】flierを使えば毎月5冊読書も可能!?本をたくさん読みたい人必見【ゴールドプラン割引】

タイトルとURLをコピーしました